本日は前立腺について述べたいと思います。

先日も有名人が前立腺がんで死亡したとのメディア報道が記憶に新しいとろです。

前立腺は男性にしかなく膀胱の直下に位置し、恥骨の後方、直腸の前方にあります。思春期になりますと精巣で精子が造られ、精巣上体より精管を経て、精のう腺液と混じって、前立腺の中を貫通して尿道に射出されます。同時に前立腺の中では精子のミルクにあたる前立腺液(粘液)が造られており、精子の射出に合わせて粘液も尿道に湧き出てきます。尿道内で精子、精のう腺液及び前立腺液が混じって、前立腺が強く収縮することで力強く外尿道口より精液が射精されてきます。

この時内尿道口は閉鎖しており精液は外尿道口の方へ向かいます。
したがって前立腺は精子のミルクにあたる粘液を造り、射精をするための臓器と理解していただきたいと思います。一方で腎臓(図では小さく書かれている)で尿が造られ、尿管を経て膀胱に貯められます。排尿時には膀胱そのものが収縮し、内尿道口が開き、尿道括約筋も開いて尿が前立腺の中を通っている前立腺部尿道を通過して外尿道口へ排出されます。

このように男性の尿道は排泄及び生殖の両方に関係しており、このため色々の病態を引き起こすことになります。

次号以降では前立腺肥大、前立腺癌、前立腺炎などについて触れていきたいと思います。